COVID-19 special measures at Modern Ryokan kishi-ke
Based on the measures recommended by the Government of Japan, we serve the accommodation based on the following policy:
– we help to avoid the 3C:
1.Closed spaces with insufficient ventilation
2.Crowded conditions with people
3.Conversations in short distance

– we ensure the social-distancing
– we wear masks
– we maintain a high hand hygiene
[Specific measures, situations and measures that are already being implemented]
-kishi-ke is an environment where it is easy to take social distance because it is an accommodation facility limited to 4 people per group per day.
-The number of employees and instructors who provide experience is less than 10 people
-The building itself has a structure that facilitates ventilation.
One of the characteristics of traditional Japanese architecture is the idea of ​​coordinating with the surrounding nature which means that there are many windows, and there is also a veranda for viewing the garden.

[Special measures:]
-We leave at least 48 hours between the group of guests:
For example, if a customer is checking out on 5/1, we will accept a new check-in customer on 5/3 at the earliest.
-We implement a temperature measurement of employees.
-We implement ventilation when traveling by car.
-All the employees are wearing masks and/or face guards.
-We have been always disinfecting when cleaning and we will keep doing it while trying new things to make sure the safety of our guest:
Example) Disinfecting doorknobs, slippers, handrails, toilets and washbasins. The floor is cleaned with high-pressure steam.

[Request to customers]
-Under the guidance of the public health center, the temperature will be measured with a non-contact device at check-in.
-If you feel unwell due to fever, cough, etc., please notify an employee.

If you have any questions, please contact us:
info@kishi-ke.co.jp

Update: 2021/1/09

 Due to the declaration of state of emergency by the Japanese government, 

Kanagawa prefecture asks all restaurants and karaoke box in Kanagawa prefecture shorten operation time by 8 pm and time to serve alcoholic by 7 PM from from January 12th to February 7th in 2021.

With that request, operation time of our dining bar (the usual operation time 3pm to 10pm) changes to 3pm to 8pm (alcoholic beverages are availabe by 7 pm ) from January 12th to February 7th 2021.

「コロナ対策及び、弊宿で元々から実施している衛生対策に関してご説明」

感染症コロナ対策に関して
<岸家の方針>
日本国政府から推奨されている対策に基づき、以下の方針を基に宿運営を行います。

-密閉、密集、密接の三密を避ける
-「人と人の距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」

具体的な対策、状況及び元来より実施中の対策

<状況>
-一棟貸し、1日1組4名迄限定の宿泊施設なので「人と人の距離」、ソーシャルディスタンスを取り易い環境です。
-従業員及び外部からの体験提供のインストラクターの人数は10名以下であり、多数の人間が従業員を含めて出入りする状況ではないです。
-建屋自体が、換気しやすい構造です。
これは日本建築の特徴の一つで、周りの自然と協調していくという建築思想から、窓が多く、庭を眺めるための縁側もあります。

<コロナ対策として追加した施策及び元来より実施中の施策>
-一棟貸の建屋のゲスト宿泊と次のゲスト宿泊との間の時間を48時間以上空けます。
例)あるお客様が5/1 チェックアウトの場合は、最短で5/3 に新たなチェックインのお客様を受け入れさせて頂きます。
-従業員の検温を実施。
-車での移動時の換気。
-従業員のマスクもしくは フェイスガードなどの着用。
-元来より清掃時に消毒を実施しております。徹底し引き続き実施します。
例)ドアノブ、スリッパ、手すり、トイレ、洗面バスルームの消毒。床に関しては高圧蒸気清掃を実施。

お客様へのお願い
-保健所の指導により、チェックイン時に非接触型機器で検温させて頂きます。
-発熱,咳など体調に異変が生じている場合は従業員にお申し出ください。

その他、ご不明な点などございましたら以下までご連絡ください。
感染症対策担当宛: info@kishi-ke.co.jp

更新:2021年1月9日

*緊急事態宣言の発令により、神奈川県から以下の要請が出ておりますので、2021年1月12日から2月7日までの間はダイニングバー(通常15時〜22時営業)を、時短営業(15時〜20時、アルコール類の提供は19時迄)とします。

<神奈川県Webサイトより抜粋>
1月12日から2月7日までの間は、全県の飲食店・カラオケ店を対象に、営業時間を20時までに短縮し、酒類の提供は19時までとしていただくよう要請します。

 

 

book now